dais_UKの日記

 | 

2007-03-19

今日、三年ぶりにジムさん(仮名)が来た。住まいは南アフリカのどこか。61歳。もう引退して日本のとある剣術をアフリカで子供達に教えているらしい。その剣術の総本山が成田にあるのでたまに来る。三年前は左下の奥歯にヒビが入って痛くて困って来た。そのときは麻酔を5本打っても効かなくて、でも本当は効いていて、針が歯に触ったりして出る音がイヤで手を挙げまくっていたみたい。結局6本打って神経とってセラミックの歯を超特急で作って帰国した。今回は右下。冷たいものが二日前からスゴいしみるらしい。本人は奥からナンバーツーとか言ってたけど、奥から三番目の歯に小さな隙間があった。エックスレイテストでもやっぱりナンバースリー。また麻酔して、最悪また神経取るかもと説明して、麻酔。やっぱり一本で効いた。ちょっと削った途中で、歯の中に残っちゃってる昔の金属を取り外すのにぼくは好んでマイナスドライバーを使うのだけど、ジムさん(仮名)にそれを見られて、目を丸くされて、スクリュードライバーなんか使うなんて!スクリュードライバーなんか使うなんて!云々を連呼し出したので目をつぶってもらったら黙った。そしてパーシャルセラミックの型を取って終了。ルーズベルト大統領は木製の総入れ歯だったらしいよ、と教えてもらう。木製の義歯は知ってたけど、大統領が入れてたとは知らなかった。しかもベリーアンカンファタブルだって。そりゃそうだ。ジムさん(仮名)は日本に来る度に歯が痛くなるらしい。何でだろうねー。何でだろうか?そりゃージムさん(仮名)、あなたの体つきからすると筋肉の年齢はおそらく40代なんじゃないでしょうか?日本に修行しにきてるんでしょ。でもそれに対して歯はやっぱり61歳なんですよ、エイジング、たぶん、とかいったらかなり納得してた。来週の水曜日から四国に行って、一ヶ月間山を歩くらしい。お遍路さん?ohenro?と聞いてもわかってなかった。なんなんだろ。ということで来週月曜日イレブンフィフティーンにパーシャルセラミックが入ります。ジムさん(仮名)何度も日本に来てるはずなのに全然日本語しゃべらないしわかってない。でも間に歯のことが入ると、つたない英語でも確信を持って意志の疎通がとれ、会話が成り立ってしまうところが不思議ーな話でした。

ゲスト



トラックバック - http://hatenaworld.g.hatena.ne.jp/dais_uk_e/20070319
 |